クジラTOPICS 

“鯨めんたい”が最優秀賞を受賞! 第36回長崎特産品新作展 表彰式


 4月13日(水),長崎県長崎市の浜屋百貨店 長崎店にて「第36回 長崎特産品新作展」の表彰式が行われました。これは新しい県産品を紹介・顕彰し,ふるさと産業を発展させることを目的に毎年催されているものです。今回は,67点の商品が出展。最優秀賞には,“有限会社 井上海産物”の“長崎 鯨めんたい”と,“割烹 食楽亭の“すっぽんゼリー めしませこらーげん”が選ばれました。
 “有限会社 井上海産物”は長崎を拠点とする鯨肉製品の専門店。日本全国の物産展にも精力的に参加しています。最優秀賞に選出された“長崎 鯨めんたい”は,ミンククジラの背肉に辛子明太子を和えたもの。「伝統的な鯨食文化を守り,幅広い年齢層の人びとに気軽にクジラを味わってもらいたい」との想いから開発された新商品です。「長崎の伝統的食品であるクジラの新しい食べ方を提案した商品で,おみやげとしての価値も高い。長崎の食文化を残していく意味でもいい商品」「これまでにありそうでなかった商品で,違う味のコラボレーションが面白い」など,高い評価を得ての受賞となりました。
最優秀賞を受賞した“鯨めんたい”
 表彰式後には,同会場にて「第23回 春の県産品まつり」が開幕。新作展に応募された商品を中心に,長崎県内からたくさんの名産品が集まりました。“有限会社 井上海産物”の販売ブースでは,“鯨めんたい”を目玉に12種類もの鯨肉製品が販売され,来場したみなさんの注目を集めていました。

▲賞状を受け取る有限会社 井上海産物・稲尾義信 常務取締役(写真左)。おめでとうございます!! ▲「長崎の“顔”となる商品に育ってほしい」と,応募商品についてコメントする長崎県 金子原二郎 知事 ▲関係者らによるテープカット。授賞式に引きつづき「第23回 春の県産品まつり」が開幕しました
▲長崎県知事,県議会議長を交えて,受賞者の方々の記念写真。前列左から3番目が有限会社 井上海産物・稲尾 常務取締役です ▲「第23回 春の県産品まつり」会場には受賞作品紹介パネルと記念の楯が展示
第23回 春の県産品まつり
▲浜屋オープン直前の様子。各店舗とも,準備に余念がありません ▲井上海産物の販売ブースでは,“鯨めんたい”を含む12種類の鯨肉製品を販売 ▲“鯨めんたい”は,稲尾 取締役の奥様のアイデアが活かされ開発されたそうです
▲お客さんの質問にていねに答える店員さん。解凍方法から調理のコツまで,くわしく教えてくれます ▲“鯨めんたい”の試食をする男性。鯨肉が明太子の辛さと上手にマッチしていて,とても美味しいのです!
▲受賞作品展示スペース。「これはどこで売っているの?」と,お客さんも注目 ▲「第23回 春の県産品まつり」初日は平日でしたが,たくさんのお客さんが来場。大盛況のイベントとなりました!
長崎のクジラ製品専門店“勇魚(いさな)”〜有限会社 井上海産物
▲長崎駅アミュプラザ1階にある,井上海産物の直販店“勇魚(いさな)”。豊富な品揃えで,美味しいクジラ製品がいつでも手軽に購入可能です。店頭には,お客さんを歓迎してくれる看板クジラ人形!!(右写真) ▲井上海産物は全国の物産展に参加しています。写真は,長崎空港の特別物産展の様子。物産展情報はこちらからどうぞ!!